【風呂屋】新光湯

2016年2月29日に閉店

信号場所
札幌市北区北25条西16丁目 [地図]

黒ハート説明
新光湯は、北区に存在していた銭湯である。開店した時期は1968年ごろ。2016年2月29日に閉店した。

筆者の知る限り、2000年代にはすでにゲイの集まる銭湯であった。当時は、近隣のスーパー銭湯「ルーシス」の人気が新光湯を上回っていたため、新光湯に集まるゲイの数はそれほど多くなかった。状況が一変したのは、2012年10月にルーシスが閉店してからである。行き場を失ったゲイが、大挙して新光湯におしかけるようになった。

ルーシスの閉鎖、新しいスーパー銭湯の台頭に加え建物の老朽化とともに一般客が減り、一般客が減ったことによりゲイの利用客増加に拍車が掛かるという悪循環に陥っていたのかもしれない。

◎当時の写真

2016年2月冬。まず昼間の様子。





まじまじと見たことがなかったのだが、店の看板は三角屋根を模したポップな印象。いまとなっては、「たんぽぽ」で販売されていたソフトクリームの味を知る由もない。



建物は2階建て。1階は普通の銭湯。2階は家族風呂であった。









新光湯の南東には、自動販売機が設置されていた。風呂屋帰りの客目当てだったのだろう。



つぎに夜の様子。

夜にしか行ったことがないという人が大半だと思うので、夜の景色の方が見慣れているという人も多いはず。







閉店1か月前から出入口ドアに張り出された挨拶文。


◎閉店後の写真

2017年6月に撮影。跡地は、コンビニエンスストアになっていた。







電柱の位置関係だけは閉店時から変わらない。たぶん、これから先もずっと。



建物裏手の駐車場。新光湯が所有している土地なのか分からないのだが。



番号の書かれたブロック塀は当時と同じである。





ある情報通の話によると新光湯閉店後、速やかに建物が取り壊されコンビニが建設されたという。閉店する前から跡地の用途が決まっていたのだろう。なお、コンビニの経営者が新光湯と同じであるかどうかは不明である。





自動販売機もすべて撤去されていた。時の流れが、建物の外壁に黒い影となって残されていた。

最寄り駅/バス停
電車JR・新川 (750m) 地図
バスJRバス・北25条西15丁目 (40m) 地図
バス中央バス・北24条西16丁目 (260m) 地図

コメント・情報提供
お名前 (省略可)

メールアドレス (省略可)

ホームページアドレス (省略可)

コメント


この記事へのコメント
最近の記事